<完全先上げ><完先>
(かんぜんさきあげ)(かんさき)

同意語:裁断前先上げ

量産時に、量産分の生地を投入するが、
量産分裁断する前に、1着分のみ裁断、縫製をして、
それをメーカーが確認すること。

よって、サンプルとの違いは、
量産分の生地が投入されているか?
量産価格での縫製か?
等が、サンプルとの違いといえる。

基本的には、「完先」の指示の場合は、完先後、メーカーで縫製や
加工等が正しいかを確認してから、量産分の裁断進行する。


海外縫製、
サンプルをサンプル屋で縫製した場合(量産と工場が違う時)、
サンプルの縫製が、著しく間違えている(汚い)場合、
デザインが大きく変更になった場合、
に完先の指示を行う事が多い。

ただし、一部のデザイナーズブランドでは、特定の例外商品以外は、
上記条件に関係なく、全て「完先」を行う会社もある。


全ての工程行うかどうかは別として
サンプル(1枚~) → 完先(1枚~) → 先上げ(1枚or各色各サイズ1枚) → 納前(各色各サイズ1枚or全色全サイズ) → 納品となる